スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

雑記帳 「ぽん太」使って樹木内部簡単に診断 島根・出雲(毎日新聞)

 島根県出雲市の建設コンサルタント会社「ワールド測量設計」などは25日、周波数を測定することで樹木内部の腐朽を調べる簡易診断装置「ぽん太」を開発したと発表した。

 超音波方式の機器などは大がかりな装置が必要で高価だが、ぽん太は9万9750円。ハンマーでたたくだけで診断が可能で、初期診断が誰でも手軽に行えるという。

 商品名は樹木をたたいた時の音からで、キャラクターにはタヌキを使用。開発に携わった担当者は「とにかく簡単。化かされたと思って使ってみて」と自信満々。【細谷拓海】

【関連ニュース】
鶴岡八幡宮:大銀杏倒れる…樹齢千年、実朝暗殺の舞台
鶴岡八幡宮:「無事に育って」…移植の大銀杏を一般公開
<写真特集>春の美しい草花がたくさん 毎日植物園
<特集>全国各地の桜情報
全国の桜開花情報

川島海荷主演映画で広末涼子のデビュー曲をUmika as Yamakoがカバー!
眞子さま・佳子さまが卒業式、校門前で記念撮影(読売新聞)
報酬百万円…中国「即日偽装婚」ツアーの手口(読売新聞)
京都府知事選告示、新人・現職の2氏が届け出(読売新聞)
江戸後期の土人形ざくざく、「工場」跡か(読売新聞)
スポンサーサイト

<足利事件>菅家利和さんに無罪判決 宇都宮地裁(毎日新聞)

 栃木県足利市で90年に4歳女児が殺害された「足利事件」で無期懲役が確定し、09年6月に釈放された菅家利和さん(63)の再審で、宇都宮地裁(佐藤正信裁判長)は26日、無罪判決を言い渡した。論告で無罪を求めた検察側は同日、上訴権放棄を申し立てる方針で、逮捕から18年余を経て菅家さんの無罪が確定する。

 死刑か無期懲役が確定した事件で、再審無罪判決は89年の「島田事件」の静岡地裁判決以来21年ぶり。【北村和巳】

【関連ニュース】
足利事件:「冤罪の構図」解明は? 26日に再審判決
日弁連:「誤判」原因究明へ、第三者機関設置を提言
裁判員裁判:女性刺殺の被告に懲役15年 静岡地裁判決
三崎事件:証拠品付着の血液、DNA鑑定へ…再審請求中
足利事件:論告わずか1分 菅家さん「物足りない」

郵貯限度額、修正に否定的=30日の結論目指す-鳩山首相(時事通信)
橋下知事「北朝鮮から批判され光栄」(読売新聞)
【集う】第5回渡辺晋賞に作詞家の秋元康さん(産経新聞)
<名古屋市議会>減税「1年限り」可決へ 市長公約を否定(毎日新聞)
10年度予算、24日成立=政治主導法案審議入りへ(時事通信)

<雑記帳>松阪牛VS輸入肉 香り豊かなのは?(毎日新聞)

 和牛と輸入肉の香りを比べる会が23日、三重県松阪市であった。松阪牛協議会の畜産農家の約60人が松阪肉と豪州産輸入肉を食べ比べ、松阪肉に独特の香りがあることを確認した。

 同協議会から肉の分析を引き受けている日本獣医生命科学大(東京都武蔵野市)の松石昌典教授が「和牛には甘くて脂っぽいコクのある香りがあり、肉のうまさを引き立てる」と説明。その後、塩味だけのしゃぶしゃぶで香りを実感した。

 比べた結果、輸入肉はほとんど香りがなかったという。和牛最高峰に君臨する松阪肉。生産者によると「たっぷりと注ぐ愛情」が香りのもと。【橋本明】

【関連ニュース】
矢口真里:「棚からぼた餅」と興奮 「しゃぶしゃぶ温野菜」六本木店をプロデュース
食卓の一品:豚肉と水菜のショウガ鍋
ダイニングがむしゃら /滋賀

愛知学院大・法科大学院「不適合」認定(読売新聞)
<平等院鳳凰堂>壁画に下書き 平安の舞「延喜楽」(毎日新聞)
パ・リーグ 開幕 西武ドームに4000人が行列(毎日新聞)
<長谷川等伯展>29万人訪れる 4月10日から京都で(毎日新聞)
<銭湯>三重・答志島で140年 「元湯」が廃業(毎日新聞)

鳩山首相、中井氏スキャンダル「うすうす聞いていた」(産経新聞)

【鳩山ぶら下がり】(24日夜)

 鳩山由紀夫首相は24日夜、一部週刊誌が報じる中井洽国家公安委員長の女性スキャンダルについて「そういう報道が出ることはうすうすうかがっていたが、読んでもいない。必ずしも内容を理解しているわけではない。ただ、この問題は平野博文官房長官が調査すると言っていたので、まず平野長官にしっかりと調査を求めたい」と話した。首相官邸で記者団の質問に答えた。

 ぶら下がりの詳細は以下の通り。

【政府・民主党首脳会談】

--先ほど政府・民主党首脳会談が開かれたが、生方幸夫副幹事長の人事をめぐり変遷があったり、内閣の支持率下落傾向が続く中で、幹事長らとどのような話をされたのか

「まず、党の結束をさらに高めようということで、お互いにそのことで頑張ろうということになりました。それから、まあ、基本的にはこれから予算が上がりましたけれども、むしろこれからが勝負だと。参議院選挙も遠からぬうちにあるということも含めて、むしろこれから正念場だからがんばろうと。国会の中での法案の予定なども意見交換したということであります」

「それから、私のほうから1つ提案申し上げて、すなわち、1期生が大変今回、選挙で増えたわけですけれども、その1期生がチームを作ってがんばってくれていますが、国対委員長の下でさまざまな提言もしよう、検証もしようという話があったものですから、ぜひ、この1期生、参議院の1期生もおられるわけで、彼らを総動員をして、いわゆる独立行政法人、公益法人の見直しに対して力を貸してほしいということを申しました。その具体的なことはこれから詰めていこうということになりまして、基本的にOKをいただいたところです」

「ある意味で、若い議員のみなさんもですね、しっかりと頑張ってくれているわけですから、彼らが政策というか、行動力でね、党のために、あるいは国民のみなさんのために、どこに無駄遣いがあるかということをですね、しっかりと自分の手足で頭を使って調べるということは大事なことだなと、そう思って、協力をしてくれることを大変期待しています」

【予算成立】

--きょう平成22年度予算案が成立した。首相は常々、予算が成立すれば国民の暮らしも変わるだろうし、国民からの理解も得られると思うとおっしゃっていたが、この予算が成立して暮らしがどのように変わるか。また、下落傾向にある内閣支持率に変化が出るのかという見通しを利かせてほしい

「出てほしいと期待はしますが、まず、予算が通らなければね、いくらいい政策を訴えても、それが国民の実感として届かない。そう思っておりました。おかげさまで、これは、与党の、連立与党の協力はもとよりでありますが、自民党も含めて野党のみなさんも審議に応じてくださる中で、戦後5番目に早いと聞きましたけれども、本予算が成立をしたと。私はやはり経済がこれだけ、まだまだ完全に離陸しているとはいえないような状況の中で、経済がやはり、気がかりだと。だとすれば、早く予算というものを通していただきたいと思っていました。早く通してもらったことは非常によかったと思っています。感謝しています」

「そこで、だからこそ、これからがスタートでというか、国民のみなさんに、たとえば子ども手当とかですね、あるいは高校の無償化とか、一つ一つの予算というものがお一人お一人の実感になっていくんではないかと期待をしています。この実感というものが私は政権が変わったなと、メリハリのついた予算といわれていたけど、本当だねというように、国民のみなさんに伝わってほしいと思いますし、伝わっていただけると、そのように期待しています」

【普天間】

--米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)について、きょうの参院予算委員会などで首相は基本的には全面返還を求めるとおっしゃっている。この全面返還というのは、今ある広大な土地を沖縄に戻すということなのか、それとも政府として返還を求めて、場合によっては政府が管理・運営することも含めて考えているのか

「この全面返還ということでありますから、それは旧政権とまったく同じなんですよ。旧政権と何か、あたかも変わったかのようにお話しされていますが、そうではなくて、全面返還であることは間違いありません。そこで私が申し上げているのは、すなわち一番大事なことは、普天間のいわゆる危険性の除去でありまして、それを極力急がなきゃならないと。13年かけたのはかけすぎだと。そう思っていまして、そこをまず、最初に行っていこうじゃないかと」

「あとは基本的にはゼロベースだという思いの中でゼロベースではありますけど、普天間の全面返還というのは、当然私どもとすればそれを求めて、私どもとすればそれを求めて、選択肢を今、選定しようとしているところですから、そこにぜひ沖縄のみなさんもご理解いただきたいと思っています」

--それは必ずしも更地にして地権者に戻すことではないということか

「私はそれが1つの方法であると思います。しかし、他の方法というものもある意味でのゼロベースの中には入っているということであります」

【中井国家公安委員長】

--あす発売の週刊誌で、中井洽国家公安委員長がある女性に議員宿舎のカードキーを渡していたことが報じられる予定だ。前政権では官房副長官が同じような問題で辞任に追い込まれているが、総理はどう対応されるか

「また、これは、そういう報道が出るということは、うすうすうかがっておりましたけれども、読んでもおりません。したがって、必ずしも内容というものを理解しているわけではありません。ただ、この問題は先ほど平野官房長官がこの問題は私が調査すると言っておりましたから、まず平野長官にしっかりと調査を求めたいと。そう思っています」

【郵政】

--先ほど仙谷由人国家戦略担当相が郵便貯金の預け入れ限度額と簡保の加入限度額の引き上げについて、議論せずに積み重ねるのはよくないということで反対意見を述べた。閣内から異論が出たことになるが、受け止めとこの問題に対する首相自身の考えは

「これはまだ閣議で決めている話ではありません。これから議論して閣議で決定をしていくというプロセスであります。(参院予算)委員会で亀井(静香郵政改革・金融)大臣が舛添(要一)委員からおたずねをいただいたんで、それに答えたというのは事実であろうかと思いますが、これはまだ、いわゆる金融庁を通じて出てきている案であるということで、委員会で話をされたから、当然有力な案になることは間違いないと思いますが、閣議で決まったというわけではありません。これからのプロセスでありまして、これから閣内でも議論をする必要があるのではないかと思います」

--議論によっては原案が変わってもいいということか

「まだ閣議決定されていない状況ですから、閣議決定されているものを簡単に変えるわけにはいきませんが、まだ閣議で決めている話ではありません」

【関連記事】
焦点は「小沢氏の進退」予算成立で参院選まで4カ月
中井問題で首相「官房長官に調査を指示」
このままでは…普天間問題「米軍居座り」最悪のシナリオ
世論、小林議員、女性スキャンダル…小沢襲った“三重苦”
首相の普天間有事使用発言「理解に苦しむ」 自民・石破氏
あれから、15年 地下鉄サリン事件

生方氏の解任、細野副幹事長「党にダメージ」(読売新聞)
薬害C型肝炎訴訟 カルテなし原告和解 仙台地裁(河北新報)
<神戸ポートタワー>新装鮮やか 2カ月ぶり再開へ(毎日新聞)
政府、米と地元に移設案を非公式打診へ(読売新聞)
鳩山首相、参院選公約「聖域なく議論」(産経新聞)

自民、温暖化対策対案を提出 政府案より緩めに設定 (産経新聞)

 自民党は19日午前、2020(平成32)年に国内で排出する温室効果ガスを2005年比で15%削減する「低炭素社会づくり推進基本法案」を衆院に提出した。1990年比25%削減する政府案への対案で、記者会見した谷垣禎一総裁は「今の政府の政策はアンチ雇用創造。環境と経済の両立に無責任ではいられない」と述べ、他国より突出した目標を掲げる政府案を批判した。

 自民党案は平成21年に麻生内閣がまとめた「地球温暖化対策に関する中期目標」を基本にしており、原子力発電の促進などを掲げている。

【関連記事】
日本人の危機感、世界基準以下 温暖化意識調査
「聞いていなかった」 温首相、COP15欠席の“内幕”明かす
温暖化法案 過度の負担なくす修正を
負担増も…「蚊帳の外」に産業界反発 温暖化対策法案、閣議決定
鳩山首相、温暖化法案「いろいろと産業界もお気持ちはあると思う」
20年後、日本はありますか?

大切な仲間、一緒に戦う 車いすカーリング、抜群のチームワーク パラリンピック(産経新聞)
雑記帳 トビウオ使ったカレー限定販売へ 和歌山・串本(毎日新聞)
千葉では瞬間風速38m、各地で強い風(読売新聞)
<阿久根市>公共工事「不自然な入札」 反市長派が批判(毎日新聞)
首相、消費税増税「鳩山政権の間はしない」(産経新聞)

岡田外相「佐藤元首相、沖縄欺いた」(産経新聞)

 岡田克也外相は15日の参院予算委員会で、沖縄返還に際し、当時の佐藤栄作首相がニクソン米大統領との間で有事の核再持ち込みの合意文書を交わしていたことについて「佐藤首相がさまざまな制約条件の中でそうせざるを得なかった面があることも事実だが、核抜き(返還)と言った以上、結果的に沖縄の人たちを欺くことになったという言い方もできる」と述べた。社民党の山内徳信氏の質問に答えた。

阿久根市長「駆け引きとマスコミへのお仕置き」(読売新聞)
全面否認の男に懲役18年求刑=女性殺害、裁判員裁判-静岡地裁(時事通信)
08年度は1億4900万円黒字=解散方針の駐車場整備機構-国交相(時事通信)
禁煙したい喫煙者、「増税を機に」が6割以上(医療介護CBニュース)
【日本人とこころ】白川静と出遊(上) 漢字を読み解く知的冒険 (産経新聞)

札幌7人焼死 用途変えず開業か 防火審査の機逸す(毎日新聞)

 札幌市北区屯田の認知症高齢者グループホーム「みらい とんでん」で入居者とみられる男女7人が焼死した火災で、この施設は民家を改築して開業する際、建築基準法で定められた建物の用途変更の確認申請手続きをしていなかった疑いのあることが15日分かった。グループホームの場合、用途変更に伴い、準耐火性の壁などを使用しなければならず、市は近く立ち入り検査する方針。

 市などによると、同施設は、運営する介護福祉会社「みらい25」(札幌市中央区、谷口道徳社長)が2世帯住宅だった民家を05年12月に買い取って一部改築し、グループホームとして開業した。

 建築基準法では、グループホームは「寄宿舎」に当たり、「住宅」から用途変更する際は、確認申請を出す必要があった。しかし、市建築安全推進課が当時の資料を調べたところ、申請書類が見つからなかったという。

 市によると、「寄宿舎」に用途変更した場合、準耐火性の壁や誘導灯を設置する義務が発生する。通常は用途変更の確認申請を受けて市が実際に設置されているかどうかチェックする。

 また、道や市によると、グループホームが認可を受ける場合、居室の広さや職員数が基準を満たしているかなどの審査が必要。建物の図面も提出するが、用途変更の手続きの有無自体は確認しないという。

 市建築安全推進課は「用途変更の手続きをしなかったことは建築基準法に違反する。今後、準耐火性の壁が設置されていたのかなどについて調査したい」と話している。

 同施設は木造2階建て延べ248平方メートル。1階に個室6室や居間、浴室など、2階に個室4室と物置などがあった。

 同施設は、消防法で義務付けられている消火器などの点検報告を06年8月を最後に行っていなかったほか、消火・通報などのマニュアル(消防計画)を提出せず、市消防局が2回にわたって行政指導していたことが判明している。

【久野華代、金子淳】

【関連ニュース】
札幌7人焼死:介護中に出火か 2人の身元確認
厚労省:グループホーム防火体制の徹底、全自治体に通知
札幌7人焼死:現場前で家族が献花
火災:住宅全焼、1人死亡 大阪・茨木
札幌ホーム火災:居間のストーブから洗濯物に引火か

反対PT、招致応じず 自民都議「都合つくまで調整」(産経新聞)
捕鯨船侵入方法など本格聴取=シー・シェパードの容疑者-海保(時事通信)
普天間移設 首脳会談で議論せず 核サミット時、短時間の表敬扱い(産経新聞)
捕獲禁止で見守るのみ…衰弱オットセイやっと保護(読売新聞)
「捜査怠慢」めぐり上告=箱詰め女性遺体訴訟で都(時事通信)

<掘り出しニュース>姫路城 平成の大修理 「見納め花見」に殺到か(毎日新聞)

 ◇東で西で春の乱

【写真特集】日本各地の城を写真で

 【兵庫】姫路市の世界遺産・姫路城で進められている「平成の大修理」は4月12日、大天守を覆う素屋根の建設工事に入る。城内は桜の名所としても知られるが、来年から4シーズンは「白鷺城」と桜の華麗な競演を楽しめなくなるため、今年は大勢の花見客が詰めかけると予想される。「見納め花見ツアー」を企画している旅行会社も多く、城を管理する市は「日によっては限界を大きく超える登閣者が殺到する」と危ぶんでいる。【久野洋】

 大修理は2014年度まで。素屋根建設が始まれば、素屋根内の見学が可能になる来春まで大天守に近付けなくなる。

 大天守の有料登閣者数は素屋根工事の着工が近付くにつれて増え、今年1月は約7万2000人と前年同月の約1・6倍。市はこれらのデータを基に、今年の花見シーズン(3月20日~4月11日)には昨年同期の約15万人を大きく上回る約22万人が訪れると推計している。

 昨年は1日1万5000人を超す登閣者を記録した日もあった。しかし、今月7日からは本丸の一部立ち入り禁止に伴って登閣ルートが減るため、市は「今季は1日約1万人が限界」と想定。週末には、登閣できない人が続出する恐れもあるとみている。

 この事態に、「見納めツアー」を企画している各旅行会社も対応に追われている。姫路城では事前予約を受け付けていないが、姫路観光コンベンションビューローには「整理券はないか」や「団体客は特別扱いにして」などの問い合わせが殺到。阪急交通社は「お客さまが登閣できない事態は絶対に避けたい」と話す。

 市は3月20日~4月11日の期間中、開城時間を1時間早めて午前8時からとする▽登閣待ち時間を示す看板を15カ所に設置--などの対策を講じたうえで、比較的すいている午前中の登閣を呼び掛けている。担当者は「希望者全員が登閣できるよう頑張るが、それでもだめなら謝るしかない」と戦々恐々だ。

【関連ニュース】
【特集】日本各地のさくら情報
【写真特集】桜の開花情報はこちら
【写真特集】日本の世界遺産
【写真特集】春の草花がたくさん 毎日植物園

<訃報>堀木博さん95歳=元日本トランスシティ社長・会長(毎日新聞)
温暖化基本法案で詰めの協議=閣僚委を開催(時事通信)
【健康】ヨウ素 取りすぎ注意 「食事摂取基準」来月改定(産経新聞)
水族館で初!55年で5555万5555人(読売新聞)
執行部交代考えず=谷垣自民総裁(時事通信)

普天間問題 政府・与党の検討委を8日開催へ(産経新聞)

 米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)の移設問題で、政府・与党の沖縄基地問題検討委員会が8日に開かれることになった。政府高官が5日、明らかにした。社民、国民新両党の移設案が正式に提示される見通し。

 同検討委をめぐっては、平野博文官房長官が打ち切りを示唆。社民党の福島瑞穂党首(消費者・少子化担当相)は5日の記者会見で「政府の中でやっていることがブラックボックス化してしまうのではないか」と懸念を示していた。

【関連記事】
頭越しなら反対と沖縄知事 普天間移設の政府方針に
普天間問題、官房長官も米大使も「トラスト・ミー」
普天間移設で剣が峰の首相 4月の日米首脳会談を視野 社民は猛反発
普天間移設で首相「今月中に決断」 シュワブ陸上1500メートル滑走路軸に調整
普天間移設キャンプ・シュワブ陸上に自民・谷垣氏「公約違反」

1歳女児、送迎バスにはねられ死亡=72歳運転手を逮捕-福岡県警(時事通信)
火星でもハチ飛べる! JAXAなど実験 宇宙農業、授粉役に期待(産経新聞)
<普天間移設>米大使「現行案がベスト」 平野長官らと会談(毎日新聞)
<金子みすゞ>没後80年で墓前祭(毎日新聞)
紀伊半島沖に地震・津波計=「東南海」対策に期待-無人機で海底に設置へ・海洋機構(時事通信)

<仙石国家戦略相>「子ども家庭局」夏めどに設置の考え(毎日新聞)

 仙谷由人国家戦略担当相は8日の参院予算委員会で、民主党がマニフェスト(政権公約)に掲げた「子ども家庭省」創設に関し「内閣府の担当大臣の下に事務局を作り、人と予算を集めれば実質的に子ども家庭局になる。参院選の前後からやってみる」と述べ、今夏をめどに同省の前身となる部局を新設すべきだとの考えを示した。

 鳩山由紀夫首相は厚生労働省所管の保育園と文部科学省所管の幼稚園の機能を統合する「幼保一元化」法案を来年の通常国会に提出する考えを示している。仙谷氏の発言は内閣府に準備部門を設置することで幼保一元化実現に向けた動きを加速させる姿勢を示したものだ。近藤正道氏(社民)の質問に答えた。【鈴木直】

【関連ニュース】
子育て支援策:「ビジョン」閣議決定 認可保育所の定員増
働くナビ:育休明けで職場復帰しますが、不安でいっぱいです
伊丹市:市立保育所の民営化先送り 待機児童解消最優先で /兵庫
海津市:「こども課」新設、幼保行政一元化 /岐阜
多摩市:認定こども園運営費を補助 /東京

小林議員の証人喚問要求=共産・穀田氏(時事通信)
【Web】五輪フィギュア女子にネットも最高潮(産経新聞)
鳩山首相、自身の指導力を自賛?!「かなりハーモニーがとれてきている」(産経新聞)
鈴木宗男氏の訪露で調整(産経新聞)
石原軍団・池田努、線路から男性救出「当然のことをした」(産経新聞)

<婚約>「ええにょぼ」の女優・戸田菜穂さんが婚約(毎日新聞)

 女優の戸田菜穂さん(35)が東京都内の病院で働く医師(35)と婚約したと3日、戸田さんの所属事務所が明らかにした。挙式などの日程は未定という。

 戸田さんはNHK連続テレビ小説「ええにょぼ」(93年)など、ドラマや映画に出演している。

【関連ニュース】
市川海老蔵:「余計なお世話」 不倫心配されバッサリ
綾瀬はるか:作品に涙「遥と気持ちが重なった」 劇場版アニメ「ホッタラケの島」公開
綾瀬はるか:「幸せでお腹いっぱいになる」 主演アニメ「ホッタラケの島」完成披露
綾瀬はるか:女子高校生「遥」役に「分身みたい」 アニメ「ホッタラケの島」ヒロインに

<参院予算委>小林議員辞職要求に首相「本人の意思の問題」(毎日新聞)
朝鮮学校 金総書記、運営に指示 「統廃合は敗北主義」反映(産経新聞)
「事務方のミスで…」遅刻の原口総務相、ツイッターで陳謝(産経新聞)
<葬儀>近藤鉄雄さん=元労相 20日に(毎日新聞)
研究発表先延ばしに…東京理科大へ「爆破」脅迫文(読売新聞)

津波 太平洋側では交通マヒ 休日の観光施設にも影響(毎日新聞)

 全国の太平洋側を中心に出された「警報」は交通をまひさせ、休日の観光施設などにもダメージを与えた。

【写真特集】大津波・津波警報に厳重警戒 列島各地が緊迫

 茨城県大洗町の県大洗水族館は、町からの避難勧告を受けて午前11時半にチケット販売をストップ、1時間後に閉館した。入館者は2326人で、閉館時の館内は「込んでいる状態」。28日付のチケットがあれば3月中は再入館できるという対応を初めてとった。職員は「お客さんも自然災害なので理解があった。説明して帰ってもらった」と話した。

 横浜市金沢区の八景島シーパラダイスでは、津波到達予想時刻に合わせて午後2時から1時間、屋外施設のある水族館の一部と、すべてのアトラクションを休止。営業時間は通常通りで、特にトラブルはなかった。

 静岡県富士市の国道1号で渋滞に巻き込まれた藤枝市岡部、フリーター、上谷俊之さん(25)は「東名高速道路が通行止めになったので利用したのに、国道1号も一部、通行止めになっていた。渋滞でガソリンが切れ、車が動かない。1、2メートルの津波で高速や国道を通行止めにするなんて……」。車を路肩に止めて「ここまでガソリンを配達してくれる店を探している」と話し、ガソリンスタンドに電話をかけていた。

 JR東京駅では、約3時間運転を見合わせた京葉線の再開を待つ乗客もいた。さいたま市の実家から家族3人で戻る途中だった千葉県市川市の会社員、奥田彰人さん(36)は駅で約2時間足止めされ、「災害だから仕方ないけど、疲れた」とぐったりした様子で話した。【立上修、平林由梨、伊澤拓也】

【関連ニュース】
【津波避難の注意点】高台へ、車で逃げない、貴重品はあきらめる
【写真特集】チリでM8.8の大地震
<昭和毎日>チリ地震津波、三陸を襲う(1960年5月24日)
質問なるほドリ:津波の高さってどうやって測るの?
大津波・津波警報:鉄道24路線、東名高速などに影響

<年金改革>与野党協議に前向き 首相答弁(毎日新聞)
被災地の邦人26人無事、残るは7人…チリ地震(読売新聞)
岡田外相「すぐにレスキューを出したりする状況はない」 チリ大地震(産経新聞)
<火災>早朝、福岡名所の博多川端商店街で10店舗焼く(毎日新聞)
<建設業者>新分野進出の半数近く赤字 撤退検討15%(毎日新聞)

<温暖化>非公式会合閉幕 ポスト京都巡り主要国合意せず(毎日新聞)

 京都議定書に定めのない13年以降の地球温暖化対策を協議する主要28カ国による非公式会合は2日、「国際枠組みについての議論をさらに進展させることが重要」との議長総括をまとめ閉幕した。しかし、ポスト京都の枠組みで出席国の見解は分かれ、依然として法的拘束力のある合意文書の採択は難しい情勢だ。

 非公式会合では、11月からメキシコで始まる国連気候変動枠組み条約第16回締約国会議(COP16)で目指す枠組みを論議。しかし、温室効果ガス削減目標の設定のあり方などで意見が対立した。また、国連に設置された交渉の場だけでなく、先進国から途上国への資金援助など課題ごとに関係国が非公式に協議しなければ実質的な議論は進まないとの意見が大半を占めた。

 非公式会合は日本とブラジル両政府の主催で1日から東京都内で始まり、昨年末のCOP15後初めて、主要国の交渉担当者が集まった。【足立旬子】

【関連ニュース】
温暖化対策:主要国の非公式会合始まる 交渉の進め方議論
温暖化対策:デブア事務局長が辞任へ
温室効果ガスを減らそう/1 まとまるか?「京都」後の約束
地球温暖化対策:主要国の非公式会合始まる
地球温暖化対策:COP15後初の公式協議、4月に開催

ゲーム喫茶強盗、100万円奪う=売り上げや客の所持金、2人けが-大分(時事通信)
<歯周病シンポ>東京で開く 300人が集まり熱心に聴く(毎日新聞)
子ども手当満額支給 首相「国債発行してまで…」(産経新聞)
チリ巨大地震 津波の規模「一番大きくなること想定」 気象庁(産経新聞)
<石井一参院議員>郵便不正事件での口添えを否定(毎日新聞)

赤ちゃんは「先生」 中高で広がるふれあい活動(産経新聞)

 中学生や高校生が乳幼児をあやしたり抱っこするといった「ふれあい活動」によって子供の情操をはぐくもうとする動きが広がっている。学習指導要領でも高校、中学の家庭科で、ふれあいの実践が近年の改定で盛り込まれてきた。学校の関係者は「乳幼児に触れることでやさしさが引き出されたり、自分が赤ちゃんのときに大切にされていたことに気づく生徒もいる」と“効果”について話している。(鵜野光博)

 「かわいーい」

 トコトコと歩く1歳児の後を、女子生徒がうれしそうに追いかける。2月中旬、東京都品川区の区立大崎中の体育館で行われた「ふれあい授業」。1年生約80人と地元の児童センターの親子クラブに通う0~1歳児の母子19組が参加した。

 「まだ動けないし、寝返りもできないんだよ」。母親から話を聞いた後、男子生徒は乳児を抱っこするようすすめられ、恐る恐る手を伸ばした。昨年7月にも同じクラブの乳幼児たちと交流授業を行っており、田村舞さん(13)は「前は寝ていた赤ちゃんが歩いていて、すごく成長しているのがわかった」と目を見張った。

 同校がふれあい授業を始めたのは昨年度から。浅田和伸校長は「少子化で赤ちゃんに触れる機会がない子供には貴重な体験」とし、「ふだんはやんちゃな生徒が赤ちゃんに上手に接したり、子供の隠れた面に気づくこともある」と話す。

 乳幼児とのふれあい活動は、平成10~11年の学習指導要領改定で小中学校と高校の「特別活動」と、高校の「家庭科」に盛り込まれた。20年の改定では年齢を下げ、中学の家庭科にも登場した。また、「道徳」でも、20年1月に中央教育審議会が指導要領改善に向けて出した答申では「子どもの道徳性の育成に資する体験活動や実践活動」として「幼児等と触れ合う体験」が例示されており、道徳の指導要領解説書で取り上げられている。

 ふれあい活動を行う公立小中学校が全体の6割を超えた埼玉県。県教委委員長を務める音楽家の松居和(かず)氏は、10年以上前から子供が乳幼児とふれあう意義を主張してきた。

 松居氏はふれあい活動について「母親から赤ちゃんを抱かされた中学生たちの表情がいい。同級生がお互いに顔を見合ったり、男子生徒が意外に幼児に好かれるのを女子生徒がうれしそうに眺めていたりする」とその様子を語り、「幼児がいると、やさしさが引き出されるのと同時に、お互いが『いい人間』であることを確認しあう光景が必ずあらわれる。これは人間社会の信頼の基盤でもあり、幼児を通じて生徒同士の間に信頼関係ときずなが広がることが、子供の『生きる力』にもつながるのではないか」と話す。

 また、前出の浅田校長は母子を迎えて授業を行うことについて「地域の人に学校の様子を見てもらえるという側面もあり、学校への理解と協力を得ることにもつながる」と話している。

【関連記事】
卒業しても「学舎の味」 前橋市が給食人気16品レシピ、中3生に配布へ
高校生の留学、2割近く減少 不況の影響か
携帯電話で学力低下、教育現場での功罪
都立高90%以上に「裏サイト」存在
給食の挑戦 現代っ子「食べ残しゼロ」への課題と対策は

「条件整わないうちに作業」…JR西の作業員死亡事故、運輸安全委が調査報告(産経新聞)
裁判員裁判 米子強殺で初公判 被告、殺害認め強盗は否認(毎日新聞)
プルデンシャル元社員、起訴内容認める=インサイダー事件-東京地裁(時事通信)
首相動静(2月26日)(時事通信)
「トリプルアクセルの評価が低い!」 ツイッターで真央応援「異常熱」(J-CASTニュース)

浅田の銀メダルを祝福 首相「韓国、強いね」(産経新聞)

 鳩山由紀夫首相は26日夜、バンクーバー五輪フィギュアスケート女子で浅田真央選手が銀メダルを獲得したことについて「おめでとう。国民挙げて喜び合いたい」と祝福した。浅田選手がライバルの金妍児選手に敗れたことに関しては「韓国、強いね。でも、今度は日本が勝つぞという意欲がさらにわくんじゃないか」と述べ、日本選手の今後の奮起を促した。

【関連記事】
「大勝負になる」 鳩山首相がフィギュアのフリーに期待
頭に血がのぼった首相「私にも答えさせて!」
菅副総理 来週にも年金改革協議会を開催
「政治とカネ」自民の追い風にならず 「一人相撲」の審議拒否
無節操?公明のラブコールに民主ニタニタ 社民は“キーッ”

漬け置きでは不十分=ソフトコンタクトはこすり洗いを-厚労省(時事通信)
日航CEOの稲盛氏が内閣特別顧問に就任へ(産経新聞)
空き巣容疑でコロンビア人ら逮捕=130件、5000万相当か-警視庁(時事通信)
ベネッセHD、ボンセジュールを傘下に―低価格帯ホーム拡大へ(医療介護CBニュース)
<岡田外相>ボスワース米特別代表と会談(毎日新聞)

チリ大地震 太平洋一帯50以上の国・地域が影響(産経新聞)

 南米チリの大地震は、太平洋に浮かぶ島々の人々に、2004年12月に発生し、20万人以上が大津波で命を落としたとみられるスマトラ島沖地震の恐怖を思い起こさせた。フランス通信(AFP)などによると、日本を含む太平洋一帯、計50以上の国・地域が津波の影響を受けた。米ハワイ諸島、仏タヒチ島など各地域の防災当局は警報を発令、住民を高台に避難させるなど緊迫した動きが続いた。

 ハワイの太平洋津波警報センターは、地震発生後、ハワイ諸島に到達する津波の高さは最大4.8メートルに達する恐れがあると判断、島全域にサイレンを鳴らし、住民や観光客らに海岸に近づかないよう呼びかけた。島内では、住民らが生活必需品を備蓄しようとスーパーマーケットに長蛇の列をつくった。ガソリンスタンドもあちこちで車の渋滞ができた。

 真珠湾にある米太平洋艦隊基地は、津波の被害を最小限に抑えるため、駆逐艦など艦艇数隻を湾の外に避難させた。

 ハワイ諸島には地震発生16時間後の28日早朝、津波の第一波が押し寄せた。高さは最大で約2メートル。しかし負傷者は報告されておらず、当局者は「惨事を逃れた」と胸をなでおろした。

 専門家は、今回の津波が時速約720キロとジェット旅客機ほどの速度で太平洋上を進んだと分析。南太平洋の仏領マルケサス諸島では最大4メートルの津波が襲来し、船舶が被害を受けた。同じ南太平洋に位置するタヒチ島では数千人が高台に避難したが、一部の住民が略奪を恐れ避難を拒否したという。オーストラリアやニュージーランドでも沿岸地域に警報を発令した。

 インドネシアも04年の大津波の教訓を元に、第一波が過ぎた後も高い波が押し寄せる恐れを念頭に終日、監視が続いた。(佐々木正明)

【関連記事】
ロビンソン・クルーソー島に津波、5人死亡
チリ大地震 徹底した防災対策が効果発揮
津波で異例の試合中止 プロ野球オープン戦
「今回は50年前より小さいが…」 避難住民に甦る記憶
岡田外相「すぐにレスキューを出したりする状況はない」 チリ大地震

大津波警報で東名高速、アクアライン一部通行止め(産経新聞)
医学部新設と急激な定員増は慎重に―医学部長病院長会議(医療介護CBニュース)
08年の水害被害は1664億円=過去10年で最少-国交省(時事通信)
浅田の銀メダルを祝福 首相「韓国、強いね」(産経新聞)
可能部分は地方移管=ハローワーク取り扱い-総務相(時事通信)
プロフィール

ミスターまさひこえぐち

Author:ミスターまさひこえぐち
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。