スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

<口蹄疫>感染ルートは車? 封じ込め失敗か(毎日新聞)

 宮崎県で感染が続く家畜伝染病の口蹄疫(こうていえき)は、国内最大級の畜産地帯である都城市でも感染の疑われる牛が確認され、農家など関係者に衝撃を与えた。10日には宮崎市などでも感染疑いの家畜が確認され、感染を県央部に封じ込めようと国や県が進めてきた対策は失敗した可能性が高い。都城市は、豚と和牛の飼育頭数全国一の鹿児島県に隣接し、関係者は拡大防止対策に追われている。

 都城市では、口蹄疫発生農家から半径1キロ圏内の地域に外部から進入できないよう、市道などの道路が封鎖された。住民は自主的に消毒作業を行い、「自己防衛」に追われた。

 トラクターから路上に消毒液をまいていた同市高崎町の畜産業、田ノ上義秋さん(42)は「まさか都城で感染が出るとは。行政の対応が後手後手に回っているのではないか」と唇を震わせる。同じく消毒作業をしていた同市高崎町の四位(しい)勝己さん(62)は「これ以上広まったら壊滅的ダメージになる」と危機感を募らせた。

 同市にあるJA系列の食肉処理場「ミヤチク高崎工場」も、移動制限区域(発生農家から半径10キロ以内)に入り、稼働を停止した。市内だけで県全体の牛肉出荷の約3割を占めており、同工場の黒木政敏・営業本部長は「6月中に牛140頭、豚2万2000頭の処理を予定していた。被害が最小限にとどまってほしい」と祈った。長峯誠・都城市長は「膨大な量が出荷できなくなる。県産ブランド『宮崎牛』の損失は大きい」と声を震わせた。

 都城市と県境を接する鹿児島県も、迫る脅威に厳戒態勢をとる。同県に拡大すると、全国的に有名な黒豚をはじめ食肉の供給に大きな影響が出る。

 鹿児島県曽於(そお)市の曽於中央家畜市場は、年間に競り落とされる子牛の頭数が2万4000頭と全国最多。曽於市中心部から都城市中心部までは車で20分足らずと近く、都城市の大型商業施設の駐車場には鹿児島ナンバーの車がずらりと並ぶ。曽於市の担当者は「都城は同じ生活圏。人、車の交流が多く非常に深刻」と警戒感を強める。

 伊藤祐一郎・鹿児島県知事は10日「準非常事態」を宣言。記者団に「両県の物流、移動をある程度制限せざるを得ない状況」との認識を示し、県境の一般道路を封鎖し、幹線道路で車両消毒を徹底させる意向だ。【中尾祐児、小原擁、福岡静哉】

 ◇感染ルートは車?

 農林水産省と宮崎県は、県央部から感染を拡大させないよう対策を進めてきた。移動制限区域と、搬出制限区域(発生農家から半径10~20キロ)を設定。移動制限区域では、感染疑いのない家畜にワクチンを接種して感染拡大を遅らせたうえで殺処分を進める。搬出制限区域では、出荷を促進して家畜を減らし、家畜を通じた感染拡大を防ぐ「緩衝地帯」を作るとしてきた。

 また、主要道路などに消毒ポイントを多数設置し、通行車両の消毒を続けている。県西部のえびの市の制限区域が解除された6月4日ごろからは、新たな感染疑い例の発生が減少傾向にあり、ワクチン接種の効果が表れたとみられていた。都城市での疑い例確認はその直後だった。

 なぜ、感染は拡大したのか。向本雅郁・大阪府立大准教授(獣医感染症学)は「距離から見て、人や車がウイルスを運んだ可能性が高いだろう。ワクチン接種すると感染しても症状が出にくく、そういう牛に人が接触し、知らないうちにウイルスを運んでしまうこともある」と話す。

 明石博臣・東京大教授(動物ウイルス学)も、感染ルートは車とみる。明石教授は「最新の農水省・家畜衛生週報には、移動制限区域内でワクチン接種後、消毒が徹底されなくなったとのエピソードが紹介されている。事実なら、今回の拡大と関連があるかもしれない。基本的な消毒を再度徹底することが必要だ」と指摘する。

 県央部では今も、感染疑いで殺処分対象なのに未処分の家畜が約3万頭もおり、ウイルスを発散している。緩衝地帯を作るための出荷も進んでいない。

 佐々木隆博・農林水産政務官は10日、「『特別措置法ができて消毒に気の緩みが出たのではないか』とは言われていたが……」と語った。【佐藤浩、奥野敦史、藤野基文】

 ◇写真判定で殺処分

 都城市での感染拡大は防げるのか。

 山田正彦農相は「まだ1件目。ここで迅速な対応ができれば、えびの市のように清浄化することは十分可能だ」と語る。

 農水省は9日、都道府県に対し、口蹄疫の症状がある家畜を確認した場合、遺伝子検査を待たずに写真で感染疑いと判断できれば、24時間以内に殺処分することを求める通知を出した。殺処分までの時間を1日程度短縮できるからだ。

 都城市では既に、この措置を実施した。県が農水省と協議し、検査結果が出る前に発生農場の牛208頭をすべて殺処分した。

 一方、ワクチン接種の予定はない。山田農相は「えびの市は接種せずに封じ込めができた。えびの市の例もあるし、都城市も頑張ってほしい」と話す。

 6月4日施行の口蹄疫対策特別措置法は、まん延防止のため感染疑いがない家畜でも強制的に殺処分できることを盛り込んだ。感染が拡大した場合は、都城市でも選択肢となる可能性がある。【佐藤浩】

忍者武器「苦無」を所持=製造会社社長を書類送検―改正銃刀法違反容疑・警視庁(時事通信)
地デジ普及へ阪神・鳥谷らがPR 甲子園球場(産経新聞)
<変死>左胸に包丁刺さった男性 大阪のマンション(毎日新聞)
ソニー製ブラウン管TV発火の恐れ…337機種(読売新聞)
ヤエヤマボタル 森に幻想の光 石垣島(毎日新聞)
スポンサーサイト

首相、小沢氏と再会談へ=政権運営で対応協議(時事通信)

 鳩山由紀夫首相は1日夜、国会内で民主党の小沢一郎幹事長、輿石東参院議員会長と再会談し、今後の政権運営について協議する。首相は続投への意欲を繰り返し表明しているが、党内では夏に改選期を迎える参院議員を中心に危機感が強まっている。首相退陣に発展する事態も否定できない情勢だ。 

【関連ニュース】
【特集】迷走!普天間移設~社民、連立政権を離脱~
【特集】「陸山会」土地購入事件~小沢氏、再び不起訴=検察審が再審査へ~
鳩山首相が漏らしていた「辞意」
場外戦にもつれ込む「小沢捜査」の内実
〔写真ニュース〕「鳩山政権支える」=亀井国民新代表

<普天間移設>民主党沖縄県連「到底容認できない」の見解(毎日新聞)
父の日にバラを! 鳥取・米子でバラ摘みイベント(産経新聞)
訃報 米俳優のデニス・ホッパーさん死去 74歳(毎日新聞)
父の日のプレゼントに メッセージ刻んだ大吟醸(産経新聞)
鳩山首相、韓国艦沈没事件犠牲者の墓前に献花(読売新聞)

40歳長男と無理心中?67歳女性、民家で自殺(読売新聞)

 21日午後5時45分頃、神奈川県大和市上草柳の民家の1階階段で、この家に住む無職田中佐代子さん(67)が、首をつって死亡しているのを、帰宅した次男(39)が見つけ110番した。

 大和署員が駆けつけたところ、2階では、長男利征さん(40)がうつぶせで死亡していた。首には、ひものようなもので絞められた跡があり、同署は、田中さんが利征さんを殺害後、自殺したとみて調べている。

 同署幹部によると、1階居間のテーブルに田中さんが書いたとみられる遺書があり「ごめんなさい。これでしか解決できません。身も心も疲れました」などと記されていた。

大阪湾にクジラの死体=体長10メートル、死後数日―堺(時事通信)
女性車掌が気にくわない…つば吐いた43歳男逮捕(産経新聞)
宮崎県新富町でも口蹄疫感染疑いの牛(読売新聞)
小沢氏もあきれた?…普天間問題の政府対応(読売新聞)
<石綿健康被害>救済対象疾患を追加(毎日新聞)

70代男性が輸血でA型肝炎に感染(医療介護CBニュース)

 献血後にA型肝炎を発症した人の血液の輸血によって、70歳代の男性がA型肝炎に感染した例が報告されていたことが、5月18日に開かれた厚生労働省の薬事・食品衛生審議会薬事分科会血液事業部会運営委員会(委員長=佐川公矯・久留米大医学部附属病院臨床検査部教授)の会合で明らかになった。献血者は潜伏期間中だったとみられる。厚労省の担当者は「非常に珍しい例だ」と話している。

 献血後、献血者が発症したとの情報提供を受けた日赤の調査で分かった。しかし、70歳代の男性には輸血前から既に抗体があり、感染したものの発症はしなかった。

 A型肝炎の抗体保有率は衛生状況に左右され、現在の日本では、抗体保有者は55歳以上に多いとされている。

 国立感染症研究所血液・安全性研究部第一室長の岡田義昭委員は会合で、「A型肝炎はほかの肝炎に比べ、献血したという記憶が新しいうちに発症するので、献血者が比較的情報提供しやすい」と指摘した上で、「A型肝炎に限らず、献血後に何らかの感染症を発症した場合には、医療機関などにお伝えいただけると発症前に特定できる」と述べた。

 厚労省の担当者は、「輸血者が感染症を発症して、さかのぼって調査を始めるケースもある」と説明。「今までも感染はあったが、輸血を受ける機会が多い高齢者にA型肝炎の抗体保有者が多く、感染しても分からないケースが多かったため、報告されなかったのではないか」との見方を示している。


【関連記事】
A型肝炎が過去3年で最多、「食べ物に要注意」と感染研
新型インフルによる血液製剤回収を取りやめ
採血基準、12年ぶりに改正へ-400ml、再来年度から男性は17歳以上に
献血者年5万人増の見込み―英国滞在者からの献血制限緩和で日赤
新型インフルで血液製剤回収、昨年64件

壊れたファミコン、今も修理できる?(産経新聞)
校庭バスケ「うるせえ」、車で追い回し高校生2人暴行 傷害容疑で会社員逮捕(産経新聞)
身障者用トイレを自宅代わりに 42歳男を逮捕(産経新聞)
事業仕分け第2弾 後半戦は迷走の予感(産経新聞)
<国民新党>江本孟紀さん擁立へ 参院選比例代表(毎日新聞)

5月は暑い!広島、長野などで30度超す(読売新聞)

 日本列島を高気圧が覆った4日は、全国的に強い日差しが照りつけ、各地で今年一番の暑さとなった。

 広島県安芸太田町で30・7度を記録したほか、宮崎県えびの市、長野県松本市などでも最高気温が30度を超す真夏日となった。東京都内でも、練馬区で27・8度、青梅市で27・3度を記録するなど、夏日に。遊園地「としまえん」(練馬区)には、この日約1万2000人が訪れ、担当者は「例年よりアイスクリームや飲み物の売れ行きが好調」と話していた。

 気象庁によると、5日も全国的に日中は晴れ、気温も上がる見込みで、東京では1985年以来25年ぶりに、雨が降らないゴールデンウイーク(4月29日~5月5日)となる可能性がある。

全国学力テスト 抽出方式「反対」9割(産経新聞)
NHKさいたまが大宮駅東口に移転へ 再開発事業に合わせ(産経新聞)
<太宰治賞>今村夏子さんの小説「あたらしい娘」が選ばれる(毎日新聞)
偽装献金、首相元秘書の有罪判決が確定(読売新聞)
法律相談めぐり綱引き 「士業」が連携サイト、弁護士増に対抗(産経新聞)
プロフィール

ミスターまさひこえぐち

Author:ミスターまさひこえぐち
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。